CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
こうして生まれる―受胎から誕生まで
こうして生まれる―受胎から誕生まで (JUGEMレビュー »)
アレグザンダー シアラス,バリー ワース,中林 正雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語 (JUGEMレビュー »)
パトリック ジュースキント
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 明和電機ノックマン | main | 背筋の美学 >>
祖母の文章:結婚とは
0
    金曜の夜、実家から戻った母が持ち帰って来た、昭和30年代に祖母が書いた文章を読む機会に恵まれた。

    田舎の地方紙ではあるが、「婦人と教養」「週間の窓」等と言う、現在の全国版で言えば著名人がコラムを書くような枠に祖母がエッセイを書いていたのだ。狭い昔の田舎社会では、母の実家はそこそこの名家であり、祖父母も地元では多少名が知れていたそうだ。

    最近下らない事しかこの日記に書いていなかったが、教養ある祖父母の文章を読み、どうせ書くならまともな事を、と思い直し、書く文体も変えてみようと思う。

    たまには。

    祖母のエッセイには共感出来る文章が多数あった。今はもう80代。東京育ちの超お嬢様だったせいか、年の割にはおしゃれで教養もあり、しかも元気ではあるが、40年以上前、祖母が感じた事に自分がこれほど共鳴するという事に一番驚きを感じた。
    「結婚シーズンに想う」というタイトルのエッセイがあった。

    祖母が住んでいるのは出雲大社の近く。出雲大社と言えば言わずと知れた縁結びの神様である。幼い頃、祖母からよく出雲の神話を聞かされた事を思い出した。

    10月は通常「神無月」と言うが、出雲では「神有月」という。これは、全国の神様が10月には出雲大社に集まる為、出雲大社以外の神社には神様が不在になるので「神無月」。出雲大社には神様が集まるので「神有月」というそうだ。この話も祖母から聞いたものだ。

    10月。出雲大社では全国から集まった神様が、年頃の男女の組み合わせを考えて結びつける相談をするそうだ。

    前置きが長くなったが、このエッセイは昭和34年10月に書かれている。
    結婚シーズンを迎え、これから夫婦になろうとする若い人たちを見て、祖母が感じた事が書かれているわけだが、その中で祖母はこのように書いている。

    「結婚だけが人生の幸福とも言いきれないし、また結婚適齢期は各人の持つ条件によって千差万別である」

    まず、この事に驚いた。元々美人で頭の良い自慢の祖母ではあるが、あの時代に、あの封建的な地方の町で、「嫁き遅れは一家の恥」という風潮が濃かったと思われる時期に、祖母がこのように考えていたという事。そしてこのような本音を新聞に載せていたという事に軽い衝撃を受けた。

    もしかしたら、古い時代の事を私達は遠い過去だと考え過ぎているのかもしれない。何十年も前の書籍の文章に感銘を受けるように、人間の感じることは昔からそれほど差は無いのかもしれない。表現できるか出来ないか。世の中の風潮が異なるだけで、精神は同じなのかもしれない。と感じた。

    「年寄りだから」「若者だから」と、何を言っても通じないように思い込んで勝手に壁を作っているだけなのかもしれない。

    そして、何よりも心に響いた一言がこれである。

    「バーナード・ショーに言わせると結婚とは『忍耐と束縛』だそうである。・・・結局相互の持味を知性と愛情とによって巧みに調和させ、こくのある一つの味に創り上げる過程が結婚生活なのであろう。」

    「結婚は・・・である。」という話はよく聞く。その多くが「忍耐」だの「犠牲」だのと言った、マイナスの表現だった。もちろんプラスの表現も有る。ただ、祖母のこの文章は、今まで私が聞いた「結婚とは・・・」の話の中のどれよりも、練れていて、知的で、柔らかく、奥深く、教養を感じさせる文章だった。

    身内の事なのでそう感じるだけかも知れないが、手前味噌なのかもしれないが、東京から田舎の名家に嫁ぎ、苦労を重ねた祖母の、今まで知らなかった一面や、教養の深さを知る事が出来た事は、今この時期に私にとっては必要な事のように思える。

    本質を見て考えると、過去に不要な事にばかり夢中になり、本当に必要なものが何一つ身についていない私には、この優れた祖母の才能を嬉しく感じると共に、我が身を振り返り申し訳ない気分にもなる。

    周囲の優れた人たちを見習い、精進したいと心底感じる。
    | 格言・名言 | 00:23 | comments(5) | trackbacks(1) | pookmark |
    コメント
    http://muiboatwell150.tripod.com/28907.html
    | 293290 | 2007/07/24 6:54 PM |
    ありがとう!おばーちゃんも喜ぶよ。
    まゆまゆ、相変わらずのその妄想っぷりが素敵よ。
    | kiyo | 2005/06/19 11:35 PM |
    元気ですよ〜!
    素敵な言葉なので、トラックバックもしてしまいました!!
    超我儘って聞くと、昔は小悪魔ぽっかったのではないかと勝手に想像してしまいます。
    きっと、ブイブイと言わせていたおばあさまなのではないかと。。。
    | mayuzo | 2005/06/19 10:48 PM |
    まゆまゆおひさー。元気?
    まゆまゆもお好きな感じだと思いました。気に入って頂けて何より。書いている事は立派なのですが、超我侭おばーちゃんです・・・
    | kiyo | 2005/06/19 1:26 AM |
    素敵なおばあさまでいらっしゃったんですね。
    とっても含蓄のあるお言葉で、しかも女性らしい優しい言葉遣いで表現なさっていて感動しちゃいました。
    | mayuzo | 2005/06/18 11:09 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.bunny-grant.net/trackback/233606
    トラックバック
    結婚について一考
    麗しのKiyo様のおばあさまの言葉がとっても素敵だったので抜粋。 「バーナード・...
    | Be,Mayuzo! | 2005/06/19 10:48 PM |