CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
こうして生まれる―受胎から誕生まで
こうして生まれる―受胎から誕生まで (JUGEMレビュー »)
アレグザンダー シアラス,バリー ワース,中林 正雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語 (JUGEMレビュー »)
パトリック ジュースキント
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< やっぱり日記再開 | main | 読書感想:フランス的クラシック生活/ルネ・マルタン >>
連休最終日の名言
0
    連休最終日はひたすらのんびり。
    連日のコンサートで身体も疲れ果てました。

    昨夜のラ・フォル・ジュルネ最終回は、それなりに良かったです。

    チャイコフスキー:イタリア奇想曲 op.45
    ボロディン:だったん人の踊り(オペラ「イーゴリ公」より)
    ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18

    ボリス・ベレゾフスキー (ピアノ)
    カペラ・サンクトペテルブルク (合唱団)
    ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
    ドミトリー・リス (指揮)

    ボロディンが一番良かったと思います。

    ラフマニノフをとても楽しみにしていたのですが、今まで同様、私の中では、いつも聴いている佐渡&辻井さんの演奏を超えるものではありませんでした…。

    でも会場は大熱狂。スタンディンゴオベーションしまくり。
    最終日のせいもあるでしょうか。

    そして今日は、明日からの仕事に備えひたすらイメトレしてました。

    この連休も、毎日仕事の夢見てました。
    楽しい夢なら良いのですが、嫌な夢。
    何も考えずにぼ〜っとしていたはずなのに。

    連日夢を見ると、気にしない様にしていても重さを感じてしまいます。
    で、藁にもすがる思いで見たNHK Eテレの「仕事学のすすめ:姜尚中 人生哲学的仕事論 第1回「徹底して悩みぬけ」の録画。

    姜尚中の「悩む力」は本当に救われた思いで読み私のバイブルとなっていますが、さすが姜尚中。たった30分の番組でも十分過ぎる内容で、今の私に的確な言葉が。

    「ありのままの自分で、今をやりきる」

    この一言につきるのよね、と思いました。
    自分は自分でしかなくて、出来ることをするしかないのだから、嫌でもなんでもやり切るしかない。
    やりながら、自分で楽しむ方向に持っていくしかない。

    他の内容は

    ・悩めば生まれ変われる
    ・仕事とは社会から承認を受ける事
    ・仕事以外の領域にも目を向けろ
    ・今とここを一生懸命に生きろ

    という内容でしたが特に「今とここを一生懸命生きろ」は、何年も前に大事な友人からも教えてもらった言葉。

    常にこの言葉を大事に生活しているつもりですが、気付かないうちに過去と未来に縛られて、いつの間にかがんじがらめになってもがいていることにふと気づく、というパターンの繰り返しでした。

    今も正にそう。

    この姜尚中の言葉で改めて気づけたという事は、良くなるきっかけだと思って、明日からまた頑張ろう。
    | 格言・名言 | 00:27 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする