CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
こうして生まれる―受胎から誕生まで
こうして生まれる―受胎から誕生まで (JUGEMレビュー »)
アレグザンダー シアラス,バリー ワース,中林 正雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語 (JUGEMレビュー »)
パトリック ジュースキント
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 読書感想:フランス的クラシック生活/ルネ・マルタン | main | 佐村河内守:交響曲第1番HIROSHIMA >>
リアル・シンデレラ/姫野カオルコ
0
    リアル・シンデレラ/姫野カオルコ ★★★★★

    連休明けから色々とあり読書三昧。豊作です。良い本ばかり読めているような気がします。

    内省できるような本と、現実逃避向けの小説を交互に読んでいるのですが、この小説は現実逃避用として気楽に読みました。すると、思いがけず感動を得ました。

    この著者の本は初めて読みましたが、この小説は周囲の女性にお薦めしたい。女性に読んで欲しい。最後にじんわりと、泣けました。今の女性に欠けているもの、諸々が込められている気がします。


    リアル・シンデレラというタイトルから、プリティーウーマンのように玉の輿と言う幸せをつかんだ実在の女性の話なのかと思いきや、「そもそもシンデレラってどうよ」という主人公の発想から「…そういわれればそうだよね」と自分でも思ったりして、気づいたら泉ちゃんという女性の生き様に惹きこまれていきます。

    1人の女性の生き方を、周囲の多種多様なフィルターを通して見る事で世の中の歪みを知り、人間の勝手さを知り、それが最終的に真髄に行きついた時に、清々しさを感じると共に、泉ちゃんの悲しさと勇気を感じるという読後感でした。私は。

    結局は、生まれてついての無垢で純粋な天使なんているはずがなくて、人間は善悪両方の面を持っているものです。泉ちゃんのような無垢な人も、自分の努力で無垢を守っていたのだと思うと、切なさを感じます。しかも、無垢を守ろうと思って生きてきたのではなく、一生懸命生きることが、結果として無垢な精神でいることに繋がった、という事なのですが。

    テンに似た宿泊客が言う言葉の数々も、卑屈で利己的な人間の本質をついています。
    私も自分に言われているようでドキッとしました。

    この小説の前に「置かれた場所で咲きなさい」という渡辺町子さんという方のエッセイを読みましたが、リアルシンデレラの泉ちゃんは、まさに置かれた場所で精いっぱい自分を咲かせようと必死に健気に努力をしてきた人なんだと感じました。

    幸せの価値が、変わる本の一種だと思います。

    泉ちゃんの最後の願いは、忘れたくないと思う人が多いのではないかと思う。自分もそうありたいと。

    この場所に、地に足をつけて、丁寧に丁寧に生きたい。と思うような本でした。

    やっぱり読書って大事。。。
    | Book | 00:23 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする