CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
こうして生まれる―受胎から誕生まで
こうして生まれる―受胎から誕生まで (JUGEMレビュー »)
アレグザンダー シアラス,バリー ワース,中林 正雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語 (JUGEMレビュー »)
パトリック ジュースキント
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 新年2013 | main | 読書初め:風の中のマリア/百田尚樹 >>
念願の定期会員券とチョン・ミョンフン
0
    今年最初のお買いもの。

    は、地元の等々力不動尊の御守りでしたが、それ以外のお買いもの。

    自分にとって価値の高いものにしました。

    毎年毎年「今年こそ買おう!」と思っていた、交響楽団の定期会員券!

    悩みに悩んだ挙句、ファンクラブにも入っているチョン・ミョンフンが名誉指揮者として名を連ねている東京フィルハーモニー交響楽団オーチャード定期演奏会にしました。ウェブ購入割引期間中でしたし。

    4月から8公演、曲目も好きな曲が多く、とても楽しみです。

    11月にはチョン・ミョンフン指揮のワーグナーも。

    耳の事を考えて、後ろの方の席にしておきました。これで耳栓をすればきっとそんなに負担にはならないでしょう。

    こうやって、お金は自分にとって価値の高いものだけに使い、それ以外は倹約しようと心に決めた新年でした。ハープも買っちゃったし!

    時間の使い方も、同じようにしたいと思います。

    そして、私がファンクラブに入っているチョン・ミョンフンについてですが、何故ファンクラブに入ったかと言うと、震災の数日後、サントリーホールでチョン・ミョンフン指揮のコンサートがあったのです。

    その時の様子はこの日記に書いてあります。

    あの時ホールにいた人たちは、チェコフィルの団員さんたちとチョン・ミョンフンから勇気を希望を頂いたと思うのです。あんなに鳴りやまなかった拍手とスタンディングオベーションは、あれ以来見ていません。

    という事で2011年3月に入会したマエストロ・チョン・ファミリー・クラブ。

    入会して初めて分かったのですが、どうも主催者のお力が大きいらしく、チョン・ミョンフンご本人と交流の機会があるのです。たま〜に。コンサート後などに懇親会が。

    入会以来一度も参加していないのですが、今年はぜひファンクラブの集まりに参加したいと思います。
    | Music | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする