CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
こうして生まれる―受胎から誕生まで
こうして生まれる―受胎から誕生まで (JUGEMレビュー »)
アレグザンダー シアラス,バリー ワース,中林 正雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語 (JUGEMレビュー »)
パトリック ジュースキント
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 調弦 | main | 検査結果 >>
ハープ納品&インバル:都響のマーラーツィクルス
0
    金曜日。待ちに待ったハープが納品されました。

    帰宅してすぐに届いていたハープと対面。毎日夢にまで見たハープです。嬉しいのなんの。こんなにわくわくどきどきしたのは何年振りでしょう。思っていたよりも音が外に響かず、ご近所迷惑にならずに思う存分練習できそうです。

    そしてやはり良い音色。予算オーバーしましたが、思い切ってこのハープにして良かったです。

    早速レクチャーを受けたばかりの調弦から開始。Amazonで買ったチューナーを使い、36本の調弦何とか終了。所要時間は15分くらい。慣れれば2~3分で出来るようになるでしょう。

    ハープは調弦しても30分程度で音が変わってしまうそうです。ですので、ハーピストさん達は演奏する際には曲と曲の間に調弦したりするそうです。そういえば、先生のリサイタルに行った時も、曲と曲の合間に調弦していらっしゃいました。

    レバーハープの弦にはおよそ500キロの力がかかっているそうです。ペダルハープはその何十倍だったかな?なので、ハープの本体は力のかかっている右側に反ってしまう性質を持っているため、支柱はもともと上部が左側に歪んだ形で作られているそうです。すべて、ひとつひとつ手作りで、何年も先の木材の変化を想定しながら、接続部分に遊びを持って作られているそうです。

    また、ペダルハープと私の買ったレバーハープの響板には、ヴァイオリンのストラディバリウスと同じ木材が使われているそうです。貴重な木材らしいです。それ以外の木材で出来た響板のハープと比較すると、音の響きが全く違いました。

    お店の方は、ハープはとてもデリケートな楽器なので、扱い方によって数年後の音色が変わるとおっしゃっていました。「持ち主の成長に合わせてハープも成長します」と。

    先生は「ハープが手元に来ると人生変わりますよ」と。

    本当に既に生き物のようです。大事に使って、日々音色で楽しませてもらい、一緒に成長して、いつか綺麗な曲を弾けるようになりたいです。

    ですが、あまりの嬉しさに時間の許す限り弾いているので、指がまめだらけになってしまい、これ以上弾けない!お風呂に入るだけで痛い!という状態になってしまいました。おまけにレバー操作で弦の先に親指をひっかけて流血。3日目にして。ほどほどにね。と反省中です。

    ちなみに、ハープは優雅に弾いている様に見えますが、指は痛いし血豆は出来るし、足はペダル裁きでばたばたしてるし、優雅とは程遠い、意外と大変な楽器だと先生がおっしゃっていましたが、その通りだと感じ始めました。

    そして土曜日、8か月ぶりの音楽会へ。突発性難聴になってからはコンサートは控えていたのですが、このチケットは6月に買っていたので、耳栓をして聴くつもりで行ってきました。


    長く、迫力のある曲なので耳が心配でしたが、とにかく素晴らしかった。耳栓をしていると聴こえ方が違うので、途中で外してしまいました。こんなに良い音を聞かずにいられるか、と思う気持ちの方が大きくて。

    聴いている最中は「たとえこれで耳が聞こえなくなったとしても、私は聴く方を選ぶ」と思ってしまうほど。

    でも、思っていたほどコンサートによる耳への悪影響は無いようです。それ以前に、日々聴力は衰えているようで…。どうしたものか。老人並みになっている気がします。不安と焦りが募ります。

    でも、思い切って久しぶりにコンサートに行って、やっぱり生の演奏はテレビやCDとは比較にならないと実感しました。心の栄養になると思いました。翌日ゆっくり休めばきっと大丈夫でしょう。

    マーラーのこの曲には個人的な思い入れがあります。本当は1番から5番まですべて行きたいと思っていたのですが、今回の5番だけにしました。

    思い入れがある曲を、迫力のある演奏で聴き本当に涙しましたが、気持ちの整理はついたかつかないかわからず、変わらないようで…。

    自分の人生に起こることは、すべて自分に必要な事で、自分の人生は他の人の人生とは違う、自分だけのものなので、今を大事にしていけば、何事も問題ないでしょう。と思った休日でした。

    やはり私は音楽と本に救われる、と感じました。



    | Music | 21:59 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする