CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
こうして生まれる―受胎から誕生まで
こうして生まれる―受胎から誕生まで (JUGEMレビュー »)
アレグザンダー シアラス,バリー ワース,中林 正雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語 (JUGEMレビュー »)
パトリック ジュースキント
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 読書感想:永遠のカンヴァス/原田マハ | main | ハープ日記:指痛い >>
ハープ日記:ハープは左手が大事・掌の中身
0
     
    ハープを習い始めて5か月が経過しました。

    昨日の元同僚たちのと会合で話が出て、そういえば、と思ったのですが、ハープ日記をつけることにしました。とりあえずこのブログにまとめておきます。

    思いがけずハープの音の魅力にはまりまくり、習い始めて3か月で自宅での練習用にレバーハープを購入。(写真参照)

    防音などしていない家ですし、早朝夜間は弾けないため、やはり平日は弾けませんがいつもハープの音色が近くにある生活。良いです。

    今日は久しぶりにレッスンに行きました。回数でいうと15回目くらい?1回30分のレッスンに、前後30分ずつお部屋を借りて自主練習をします。これを基本的に1週間〜2週間に1回のペースです。

    今日は我が家にレバーハープが来てから初めてのレッスンでした。レバーハープが来てからは自宅で指の先が痛くなるほど練習しまくっていて、マイハープの音色にすっかり慣れているのですが、今日お教室で久しぶりにペダルハープ(一般的に良くみる、オーケストラでも使う大きいエレガントなグランドハープ)を弾くと、「やっぱりペダルハープの音色は違う!」としみじみ思いました。

    音の響きが全く違います。音量も当然大きいのですが、響きがやっぱり物凄く良い!

    私のレバーハープは、レバーハープの中ではペダルハープに一番音色が近いと言われているもので、散々試弾して音色の良さで選んだものなので、(予算オーバーだったけど)、とてもきれいな音色ですし、響板も広いので響きもいいのですが、やはりペダルハープは大きく高いだけある、と思いました。

    私、いつか、きっと、ペダルハープも買ってしまうと思います。音量とスペースが問題なのですが。

    先生(若い美女)とそんな話をしていたら「ペダルハープは中古もありますし、楽器とも良い出会いがあることもありますしね。」と。ご縁みたいですね。楽器もまた。

    先生は「ハープを習うと人生変わりますよ。買ったらもっと変わりますよ。」とおっしゃっていたのですが、その意味がなんかわかりつつあります。

    変な話ではなく、決して安価なものではないので、購入するからにはそれだけ好きになったという事で、それだけ好きなものなら夢中になりますし、大事にします。特にハープは手がかかる楽器なので手入れもまめにしますので、まずは「モノを大切に扱う事」を久しぶりに認識します。(これは私だけかもれませんが…)

    モノに愛着を感じるんですね。とても。

    そして、へたくそとはいえハープの音色を毎日のように好きな時に聴けるので、精神的に癒されます。

    また、曲をマスターすると言う「特訓」をしますので、集中力も増しますし、きっと脳が活性化していると思います。

    そんなさまざまな要因で、きっと自分自身が変わるのではないだろうか、と感じました。

    …と、レッスンではまだまだ指使いの特訓中。基礎は何事においても大事なので、しっかり見て頂いてます。指使いがとても難しいのです。なので、日記ではハープを弾けるようになるコツなどを書こうと思っているのですが、今日は先生に良いお話を伺ったので、その一言を。

    雑談の中から、先生のお母さまがよくおっしゃることとして「掌の中にあるものに勝るものは無い」という言葉を聞きました。

    自分の手中にあるものが、とても価値があるもので、それ以上のものは無い、という事ですが、納得です。

    思えば、ついつい無いものねだりばかりしてしまう人生を歩んできました。かれこれ○○年。

    でも、今は自分の持っているものすべてについて、恵まれているとひとつひとつを大事に思えます。

    これ以上を望んだら罰が当たると思えるほど、今の自分の環境も、状況も、もちろん完璧ではありませんし、世間さまから見たらたいしたことないものですが、とても満足できています。

    この年にしてやっと「足るを知る」を感じることが出来る様になったのだろうか、と思います。

    で、ハープのレッスンに戻りますが、レッスンでは初心者用の楽譜に沿って指使いのレッスンを重ねています。今日伺ったのは、「ハープは左手が重要」という事でした。

    左ではとても弾きにくいです。見えませんし、遠い弦を弾きますし、音の低い弦は響きやすいので雑音も出やすいですので、指使いが本当に難しい。

    心もとないからこそ、左手で音をしっかりした、ふくよかな音を出すことが大事だそうです。

    右手はメロディーが多いので、ある程度流れるように弾きこなし、左手に注力すべし、と。

    まだまだそこまで行きませんが、土台、基盤の方が大事、という事には納得できます。音も同じなのですね。

    ちなみに今日のレッスンでは、500万!位するMINERVAというタイプのハープを弾かせて頂きました。ゴージャスで気分も楽しかったです。
    | Music | 00:29 | comments(2) | - | pookmark |
    コメント
    kaourさん♪前世女神さまって凄いね!私の前世はきっとペンペン草…。ハープすっごく楽しいですよ〜。
    | ki | 2013/02/11 11:48 AM |
    すてき。ハープを弾く姿が目に浮かぶよう。前世は女神さまだったのかもねー♪
    | kaoru | 2013/02/11 10:40 AM |
    コメントする