CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
こうして生まれる―受胎から誕生まで
こうして生まれる―受胎から誕生まで (JUGEMレビュー »)
アレグザンダー シアラス,バリー ワース,中林 正雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語 (JUGEMレビュー »)
パトリック ジュースキント
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 蘭日記:写真 | main | やもりのいる家 >>
蘭日記:新芽??
0
    久しぶりの蘭日記です。
    ブログって色々と書く内容が制限されるので難しい、と思ってしばらくはFBとツイッターだけにしていましたが、物足りない…。もっと長文を書きたい…。と欲求不満が溜まり、また再開します。

    そのうち新しいブログに変えようと思います。

    今年の2月に世界らん展で購入したミディ胡蝶蘭ですが、3鉢とも元気です。
    蕾もすべて開花し、美しい花を限界まで長期間咲かせてくれた後に花は落ちました。

    その後、GW後に一回り大きな鉢に植え替えて、暫くしたら3鉢とも一枚ずつ新しい葉が生えてきました。

    今日、根元を見たらこんなものが。新芽???と思って調べたところ、この色は新しい根っこらしいです。
    新芽は、秋から冬にかけて、18度くらいの温度が2週間程度続くと出るそうです。まだ早いですね。

    新しい葉が出てきたとき、それはもう綺麗な緑色でした。

    瑞々しくて、ピンと張りがあって、透明感もあって、生命力にあふれていました。
    一方、その下にある古い葉は、色も褪せ、張りも無くしなだれていて、生命力は感じられません。

    人間と比較してしまいました。
    私ももう人生折り返し地点と一般的には言われる年齢。
    自分自身の衰えを感じています。

    一言でいうと、心身ともに、張りが無くなってきたと感じます。

    蘭の古い葉は、下の方からだんだん干からびてきて、土に還ります。(鉢植えの場合は水苔なので土ではありませんが。)

    その株の栄養になって、新しい花を咲かせます。

    では人間は?子供を育てて、孫を育てて、その血筋を発展させていくわけですが、子供のいない大人はどうするのが自然なのだろうか。と新しい葉を見ていて思いました。

    人間は色々な生き方が出来ますので、子供がいなくても一人でも人生を楽しむことが出来ます。それが悪い事だとは現代では思われません。

    でも、生物として本能的に満たされるには、次世代への貢献をする事しか無いのではないかと少し感じます。

    例えば、親のいない子供を引き取ったり、寄付したり、未来へ向けて環境を整えたり。

    私自信、まだそういう事をしたいと思っている訳ではないのですが、人間も生物で、存在する目的自体は他の生物と変わらないはずです。

    これを忘れることが、人間の不幸の根っこなのではないかと感じる今日この頃です。
    | Art | 23:50 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする